デジタル製版機FAST SCREEN TRACERおよびシルクスクリーン用品全般、染色用品の色素オオタ・オータス

製品の特徴
プリンター感覚で製版できる次世代高速製版機
ボタンを押して2分程度で製版完了。
版下データをプリントアウトするように製版することができます。
FAST SCREEN TRACERならPCデータをSDカードから直接データ出力、そのまま製版することができるため、版下のポジフィルムを作成する必要がありません。
出力用のデバイスをセットしたら、あとは専用フィルムを張ったフレームをセットしてボタンを押すだけ。
2分程度で製版完了です。
さらに乳剤を洗浄したり乾燥させる手間も掛からないため、製版後そのまま印刷することが可能です。
フレームをセットするだけ、最速2分で製版完了。
乳剤不要のデジタル製版だから
製版のプロセスとコストを大幅にカット!
製版の準備作業は、専用のリフィットフィルムをフレームに張るだけでOK!デジタル製版なので従来の乳剤版に必要であったプロセスを大幅に短縮。 また、乳剤版とは違い一度製版した版の空いているスペースへの追い焼きも可能なのでスペースを有効活用していただけます。FAST SCREEN TRACERは、自社製版を可能にし、大幅なコストカットを実現いたします。
ゆったりサイズのヘッドで303mmまでの製版に対応!
大判の製版も1枚ヘッドなので
作画ズレを起こすことなく製版できます。
ゆったりサイズのヘッドで大判も一度に製版することができ、今まで複数の版に割って製版していた図案でもひとつの版に収めることができます。1枚ヘッドなので作画ズレを起こす心配がないため、無駄な製版コストを抑えることができます。
データをそのまま直接製版、省スペースでの製版が可能です。
SDカードでデータを直接製版。
従来より省スペースでの製版が可能です。
SDカードから直接データ出力、そのまま製版することができるためポジフィルムを作成する必要がありません。また、いつでも再版が可能ですので置き版の枚数も大幅に減らすことができ、省スペースでの製版を可能にします。
独自開発の感熱製版フィルムで環境低負荷の製版を実現。
独自に開発した感熱製版フィルムで環境への負荷を極限まで抑えます。
今までの乳剤を伴ったスクリーン製版では「乳剤+ポジフィルム+スクリーン」を紫外線で反応させて製版しておりました。このうちポジフィルムとスクリーンは産業廃棄物になり、乳剤は製版の最終過程に水で洗い流される為、水質汚染の一因となっておりました。
これに対し、当社の感熱製版フィルムを使用した製版では、感熱製版機で反応させて製版するので産業廃棄物は感熱製版フィルムのみになります。従って水質汚染の原因となる物質は発生いたしません。
この感熱製版フィルムは独自の技術で極薄のポリエステルフィルムと紗を張り合わせたもので、当社はその技術を特許として取得しております。この技術により、乳剤を使用する必要がなく、ポリエステルフィルムをサーマルヘッドの熱で開孔するだけで製版が可能になりました。